健康でも髪の毛は抜けるから気にしないで

頭皮の状態が健康な人であっても、一日に100本近くの髪が抜けると言われています。季節によってはさらに抜けることもありますし、反対に髪の伸びが早まったり、生えやすくなるといった時もあります。では、抜け毛が多くなる季節はいつなのでしょうか?それは、一般的に夏の終わりだと言われています。梅雨による湿気と真夏の強い日差しというストレスが重なり頭皮環境に大きなダメージが与えられているからです。さらに、動物的な本能として季節の変わり目は体毛の生え変わりが促される時期になるので、抜け毛が増加するのです。たとえ処方箋でも市販薬でも、使用方法を確認した時に絶対に副作用についての注意書きがあると思います。もちろん、育毛剤にも副作用があります。病院などで処方されたものの場合は説明を受けますから、説明通りに扱えば、効果的に使えるはずです。ただし、外国で売られている育毛剤を個人輸入する場合、その育毛剤がどのような副作用が出るのかを確認した上で服用することが望ましいです。このところ、インターネットにおいては育毛関連の商品やクリニックを実際に利用した人の話が載っている口コミサイトが人気なようです。口コミを検討材料として使う分には問題ありませんが、それぞれの症状の進行具合や体質で育毛治療も必要な予算も時間も、全く異なるということは覚えておきましょう。口コミはあくまで個人の体験談なので、内容を鵜呑みにせずに、グッズが自分に合うかを試すことや、カウンセリングでクリニックの様子を見るのが一番だと言えます。イソフラボンという成分は、女性ホルモンであるエストロゲンに似た働きをするため、摂取することで男性ホルモンを減少させ、薄毛になりにくくすると言われています。つまり、育毛にも効果があると言われますが、科学的根拠に則った説ではないので、注意が必要です。一般的に、大豆イソフラボンという名前が認知されていることからも分かるように、大豆製品にはイソフラボンが多く含まれています。大手のドラッグストアなどで探してみると、薄毛や抜け毛対策に適したシャンプーとして、「スカルプ」の名前が入った商品を見かけます。いまいち馴染みのない「スカルプ」ですが、これは「頭皮」のことを指し、これらの商品は頭皮環境を改善し、健やかな毛髪の成長を促す商品です。ただし、スカルプケア用の商品でも通常のシャンプーと同様の注意が必要です。もし、洗い残しがあれば頭皮にダメージとなって、健康な髪の毛の成長を阻害するでしょう。なので、時間をかけて丁寧に洗髪を行ってください。あまり意識していないかもしれませんが、運動不足は育毛の大敵です。運動することで、老廃物を排出し、血行が促され新陳代謝が良くなります。これらは育毛を促進させると言えるでしょう。代謝が上がれば、身体の細胞が新しく入れ替わって、巡り巡って、健康的な髪の毛の成長を促すと言えます。けれども、運動それ自体に発毛効果が認められているのではありません。育毛治療の効果を発揮しやすい体質に変えるという話になります。普段から暴飲暴食や不規則な生活を送っている場合、これを改めて生活環境を良くする事は、薄毛や抜け毛に悩んでいる人に、ぜひ取り組んでもらいたい事です。もちろん、直接毛根に影響を与える訳ではありませんから、乱れた生活習慣を整えたとしても瞬時に違いが現れるということはないでしょう。それでも、健康的な生活は健康的な頭皮を作りますから、他の育毛対策の働きを良くするでしょう。育毛に関しては、新しい情報が次々と出ているので判断に迷うことがあります。例えば、育毛中のコンディショナーについても人によって見解が違うようです。コンディショナーが髪に与える効果は、傷んだ髪の表面をコーティングすることですが、このコーティング成分は毛穴に詰まりやすいという特性があり、正常に毛髪が伸びなくなってしまうので、コンディショナーは育毛中は使わない方が良いということになるようです。とはいえ、この成分が未配合の育毛用コンディショナーもありますし、できるだけ頭皮の毛穴にストレスを与えないように時間をかけて洗髪すれば問題なく使うことができます。ヘアワックスやヘアスプレーなどの整髪料は、育毛をしたいのであれば、なるべく使わないようにしてほしいものです。空気中の埃や皮脂などが整髪料と混ざり合い通常のシャンプーでも落ちにくい頑固な汚れになりますし、整髪料が頭皮についたままになるとそれが毛穴のトラブルを引き起こしてしまい、薄毛や抜け毛を進行させるかもしれません。できれば頭皮に触れないように整髪剤を使ってセットし、きちんと洗髪することを忘れないでください。ヒトの体は60%が水分で出来ています。ですから、健康を考えると、一日当たり3リットル程度の水分を摂取した方が好ましいといえます。水分が欠乏してくると血液が濃くドロドロになって、血行不良になります。そうすると、血流にのって髪に届くはずの栄養素が髪に届かなくなり、髪の力も衰えてしまいます。さらに、水分不足は肌にも強いストレスを与えるので、皮膚組織である頭皮の環境も悪化してしまうのです。
サラサラになる洗い流さないトリートメントでつるサラヘア♪